きたはら ism

北原工務店の施工方針
お施主さんのプランを形にするのと同時に、構造設計をきちんと進めます。それを怠ってプランだけ先行すると、ちぐはぐなバランスの悪い建物になります。強度においてのこだわりとして、通し柱の間の梁などはジョイントを入れないことを方針としています。建築途中で強度を体感できるほどの違いが出ます。
お施主さんとの打ち合わせを徹底的にやっています。お施主さんに満足していただくためにも、自分たちが納得したものを建てるためにも打ち合わせはとても重要です。施工中はほぼ週に1回は打ち合わせをし、お施主さんの希望を最大限生かせるように努力しています。

施工に精通した人間が、「プランニング→設計→施工→メンテナンス」と一貫して管理していますので、お施主さんの意向をきちんと盛り込んだ「使い勝手が良く、安心して住めるいえ」を提供できます。

パース
お客様の笑顔が北原工務店にとって何よりの報酬だと思っています。
積極的に営業を展開するよりも、いたずらに規模を拡大するよりも、一つ一つの仕事を大切に仕上げ、お施主様に喜んでいただく。そして、お客様を紹介していだだき、また一つ一つ着実に良い仕事を積み重ねていく。
これこそが、当工務店の経営方針でもあります。


北原工務店の施工技術
大工の技術はとても重要です。当工務店の大工は「腕のいい大工」だと自負していますし、お客さんからも高い評価をいただいています。
お施主様のライフスタイルに合わせ、今お持ちの家具や電化製品がピタリと収まるように設計しますし、要望に徹底的に合わせた収納などの造作も行っています。
どんな些細なことでもお施主様の疑問点にはその場でお答えします。当店の大工であることに誇りを持って仕事に取り組んでいます。
外注の業者さんも信頼できる業者に限定していますし、当工務店の建築物の傾向を理解していただき良い仕事をしてもらっています。


お施主様への提言
色々な住宅展示場に足を運んで、それぞれの業者の良いところ、苦手なところを知った上で、「自分の家はこうしたい」というプランを考えるのが良いと思います。
着工してから工事をスムーズに進めるためにも、事前の打ち合わせをしっかりするべきだと思います。棚一つにしても冷蔵庫の置き場所にしても細かな寸法まできちんとした確認が必要です。そういう面まで考慮に入れてくれる業者と契約するべきだと思います。住宅メーカーの場合、造作があった場合それに応じて坪単価が上がり、気づいてみたら「はじめよりも随分金額が高くなってしまった…。」と言う場合もありますので注意が必要です。

北原工務店のお施主様への約束
一、お施主様の希望を第一に考え、設計・施工を行います。
一、お施主様の疑問には全て答えます。できることとできないことを明確にします。
一、建築現場は常に清潔に保ち、工具・材料等は整理整頓し安全を保ちます。
一、不備があった場合は直ちに対応します。
一、引き渡し後も定期的に整備を行い、良い状態を保つ努力を最大限行います。

お施主様へのお願い
一、住宅研究には最大限努力し、業者の選択には細心の注意を払ってください。
一、要求はきちんと伝え、解らないことは必ず質問してください。
一、建築現場にはなるべく多く通い、作業状況を確認してください。
一、自らできる作業はできるだけ行い、長く良い状態を保つための備えとしてください。

建築中にはカメラやビデオで撮影し、記録を残してください。とても良い思い出になります。
また、当工務店の「構造へのこだわり」「大工の手際の良さと仕事の良さ」「協力業者の仕事の良さと信頼感」がきっとご理解いただけます。


 

👉 住宅を語る を見る

Scroll Up