投稿記事一覧

かすがい(鎹)とは、実はこれ!

材木と材木をつなぎとめる両側の曲がった大きな釘。

(左はかなり古い物)

ことわざにある、子はかすがいの例えにも使われるくらい建物を頑丈にするためにも重要な金物♪

夫婦の縁をつなぎとめる子供もかすがいの様に重要な存在ということ♫

今では同じ役目でこんな金物も使われています。

ステンレスのプレート

幅広バージョンなどなど用途にあわせ沢山の金物があります。

北原工務店では、梁や柱をそのまま見せるデザインが多いので

そんな時は金物を使わずに木の栓を使います。

 

込栓(こみせん)といって、柱のほぞと梁をつなぎとめる日本建築の伝統技術の一つです。

何百年の歴史のある社寺仏閣にも使われている事でもわかるように、

大地震や台風にもたえる頑丈な木組みです。

この様に、細部にもこだわった家づくり北原工務店の構造を見学することが出来る構造見学会を

10月13日【土】14日【日】に企画しました。

構造の事はもちろん!

断熱材や最新の防水の工夫

実際に使っている木曽桧の特徴や耐震技術などなど

この機会にぜひご覧ください!

詳細は近日発表いたします!!

 

 

 


Scroll Up