投稿記事一覧

施主のMさん(奥様)と北原さんにインタビューしました。

まず、北原さんに伺います。M様邸を建てるにあたってのコンセプトは?
北原:限られた敷地内で以下に効率的に建てるかということです。縦長で、いかに光を取り入れるという面を工夫しました。

Mさんに伺います。北原工務店に決めた理由は?住宅展示場なども見て回りましたか?
M:北原さんの奥さんに話を聞いて興味を持ちました。建てた家を見学させていただいて、気に入ったので契約しました。私は寒さに弱いので、北原工務店さんの建てた家の暖かさは契約する上で大きな決定点になりました。住宅展示場は自分たちの家を作る上で参考にするために何カ所か見学に行きました。

どんな家にしようと思いましたか?
M:玄関を入ったときに「パッ」と明るさを感じるような家にしたいと思いました。平沢A邸のように入ると全面木で明るい感じが良いと思いました。

やっぱり木をたくさん使った家は良いですよね。落ち着きますし。
M:ずっと憧れていました。実現できると思ってなかったので、できると分かったときは「これだっ!」と思いました。

外観(形状及び外壁)はどうやって決めましたか?
北原:パースを何種類か提出して、その中からに詰めていきました。縦長の建物にマッチする屋根の形が限られます。お施主さんと何度も検討しました。
M:迷いましたよね~!(笑)

設計にあたって苦労したところは?
北原:縦長の建物にどういう外壁を合わせるかというのが苦労した部分です。
M:私も自分で絵を描いて外壁を考えてみました。タイル張りやレンガ張りなど。予算的に合わなかったので使えませんでしたが。結果的には使った素材がモダンな建物の形にあっていると思います。
北原:実際の面積よりも広く見える奥行きと高さですね。夏の暑さ対策と冬の採光対策を巧く施すことができました。なるべく自然のエネルギーだけで過ごせるようにと考えました。

巧くスペースが活かされていますよね。
M:もうこれは北原さんにおまかせで(笑)
北原:奥さんと打ち合わせしていく中で、実際に入る家具や電気製品のサイズを確認し、その上で図面を起こしました。

打ち合わせはどのように行いましたか?
M:そうですね、私は専門的なことは分からないので、設計をスタートするとき要望をひたすら箇条書きにし、「これはできる、これは無理」という回答をもらいながら進めました。

計画、着工、完成までどの位かかりましたか?
M:建てると決めたのが一昨々年の12月で、北原工務店に決めたのが一昨年の2月です。5月から計画を具体的に進めて、着工が12月の末ぐらいでした。完成は昨年の3月です。その間、いろんな難しいこともあり、何度もめげそうになりました。家を建てるのって本当に大変ですよね(笑)

私も家を建てるのにエネルギーを使いすぎて、完成後しばらく「抜け殻」のようになってました。(笑)
業者におまかせでいろいろ考えなければそんなこともないんでしょうが。

北原:一生に一度の大きな買い物なのですから、自分の要望をとことん盛り込むべきだと思います。大手メーカーのように企画モノをそのまま受け取るかたちだと、「思い入れ」も小さく愛着も強く湧かないと思います。結果的に家を大切にしないので「保ち」も悪くなってしまいます。よくメーカーが言っている「100年住宅」などというモノも、キチンと手入れし、悪くなったところは治しての年数です。
M:工事が進むにつれて、「あれ、こうだっけ?」というような点が幾つか出てきて、その度に質問してしまいました。信頼していないわけではないんですよ(笑)。大切にしていきたいので分からないままにしておきたくなくて。
北原:疑問点はその都度聞いて確認すべきだと思います。私が居ないときでも、大工さんに遠慮なく聞いてほしいです。
M:でも、大工さんって仕事中無口じゃないですか。なんか、話しかけづらいんですよね。あまり見に行っても邪魔だと思って遠慮していたんですが…。
北原:そんなこと無いです。集中しているので無口ですが、話しかければ気さくに応えてくれますよ。中には照れ屋の人も居ますけど(笑)。大工さんもお施主さんの顔が見えた方が「良い仕事をしよう!」という気になるんじゃないですかね。

我々の業界もお客さまと直接打ち合わせした方が意思の疎通がよくなり「良い仕事」ができますよね。
M:そうなんですか、もっと現場に足繁く通うべきでしたね。大工さんとももっと会話しておけばよかった。

北原さんのところは、「施主が来ないから手を抜いてやれ!」なんて職人さんは居ないですよね?(笑)
北原:もちろんです。(笑)
M:それを聞いて安心しました。(笑)今後はメンテナンスで来てくれた大工さんとは沢山お話ししますね。

Mさん、特に気に入っているのはどんなところですか?
M:冬の明るさと暖かさです。家にいればいつも春のような気分です。夜トイレに行ったり、お風呂に入ったりといった今まで冬には「ヨイショッ!」と気合いが必要だったことがとてもスムーズになりました。朝起きるのもとても楽になりました。

北原さんの前では言いづらいと思いますが、不安や不満な点があったら教えてください。
M:24時間換気の音が眠っているときに気になるということです。私が今一人で違う部屋で眠っているのですが。
北原:24時間換気の騒音に関しては、トステムからもお客さまの声として情報がきています。換気ユニットを寝室からなるべく離すようには設計しています。音は振動で伝わりますから、気になるようでしたらじゅうたんを引くのも良いと思います。
M:じゃあベッドの位置とかも工夫してみます。

最後に北原工務店にしてよかったと思うところはどんなところでしょうか。
M:普通だと遠慮して聞けないようなこともしっかりと聞けたのがとてもありがたかったです。おかげで、とても満足のいく家になりました。土地のことも含めて、何度も挫けそうになりましたが、北原さんの親切な対応のおかげで最後まで頑張れました。建てた後も電話すればすぐに来てくれてとても助かっています。

北原さん、最後に一言
北原:家は「建てるもの」であって、「買うもの」ではないと思います。車などとは違います。なるべくお施主さんがタッチしてもらった方がより愛着が湧き、大切にすると思いますし、本当の意味での生活の基礎になるのだと思います。

 


 


Scroll Up